050-5217-7400

会社概要

当サイトは、「発音スクールLR」によって管理、運営されています。

サイト運営会社 所在地・連絡先

PR

取引銀行
住信SBIネット銀行

代表プロフィール

埼玉県三郷市出身
1978年3月1日生まれ
英語発音技能検定1級

大学生の時にたまたまTVで放送していた大沢たかお演じる、主人公が乗合バスで、インドのデリーからイギリスのロンドンまでを旅をする「深夜特急」というドラマを観て、「自分もバックパッカーになって色々な国を旅したい」と思うようになり、旅に必要な英会話力を身に着ける為、オーストラリアのメルボルンへ語学留学。
 

オーストラリアの友人と
 
留学中、発音が原因で苦い思いをしたことから、日本から持参したリスニング用テープを何十回も聴き、改善を試みたが、自分の発音の何が違うのか分からず、結局、留学を終えた時点でも発音は大きく改善出来なかったという経験をする。

帰国後、就職した中古車輸出会社で、海外顧客と電話でやり取りする機会が増え、発音が原因で通じないことが多々あり、あらためて正しい発音を身につけることを決意。
国内外の発音スクールに通ったり、発音に関する本をたくさん読む等したが、それでもいくつかの音、特にRには最後まで苦しんだ。

他のスクールやテキストでは、Rの発音方法は決まって、
 
「舌を巻く」
「舌先をどこにもつけない」
 
とあり、中にはプラスティックで出来た特殊形状のスティックをくわえながら、
 
「舌がスティックにぶつからないように発音するとRが出来る」
 
といった商品まであり、それも購入してみたがうまくいかず、従来型の日本人向けの英語発音トレーニング法に絶望する。

その後、独学による試行錯誤の結果、舌を巻かなくてもRの発音が誰でも出来る方法を開発し、長年悩んだ発音問題に終止符を打つ。

転職した先で同僚から「英語の発音を教えて欲しい」と言われたのをきっかけに、「ネイティブではない、苦労して通じる発音を身につけた自分だからこそ、アドバイスが出来るのではないか」との思いと、海外営業マン(機械系)として12年間、20か国以上の代理店やユーザーを訪問し、世界でビジネスを実践してきた実績を武器に、2010年、念願の自らの英語発音トレーニングメソッドを体系化した、英語発音専門スクールをオープン。
 

2011年9月10日、「月刊コロンブス」に紹介記事が掲載される。
 
2011年9月10日発売号

夢は、発音のルールを学ぶことで世界中どこへ行っても通じる英語を一人でも多くの人に身につけて頂き、近い将来、小・中・高校でも発音のカリキュラムが組まれるようになること。 

自身の経験、オリジナルのノウハウを通じて、

  • ネイティブのような発音で話せるようになりたい方
  • これから留学や転勤を予定されている方
  • すでに留学または海外駐在中で発音が原因で苦しんでいる方
  • 留学したが発音だけは改善できなかった方
  • 子供たちに英語を教えているが発音が教えられず困っている方

をサポートすることを、ライフワークとしている。

P.S.(本人コメント)

私は、5歳上の兄の影響で小学生の時から洋楽、特にアメリカの音楽を聴くのが大好きでした。
今振り返ると、英語を話すときのリズムやイントネーションがいいと言われるのは小学生の時に聴いた洋楽のおかげかもしれません。

マスコミの皆様へ

可能な限りご協力をいたしますので、お問い合わせフォームよりご連絡をお願いします。
 
お問い合わせはこちら